謹賀新年
1946年、元旦。

この日帝都上空を哨戒飛行、高度8000にあった分厚い雲を抜けると、そこには抜
けるような蒼空の世界が広がっていた。
高度11800、アフターバーナーをふかした震電改は上昇力に衰えを見せることな
く、さらに高空へと登り詰めていった。

橘花型ターボジェットエンジンを、九州・中島の両メーカーが技術協力することで改
良完成したネー21は、推力を実に60%アップさせることに成功した。最高速度は
800kmをマーク、もはや連合国側のいかなる戦闘機も追いつくことができない、
超高速迎撃戦闘機がここに完成した。

その震電改の実践部隊を、源田司令の招集を受けて率いることとなった若干24歳の
海軍中尉こそが、海軍の至宝、照須田忠依その人なのである。

数分後に相まみえる敵B29との壮絶な戦いを前にして、蒼空はただ静かに美しく輝
いていた。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■自由テーマ 
■作品名「蒼空の彼方」
■製作者 テルスター中尉
■CG合成部門
■使用キット ハセガワ1/48「震電」