『敵襲!!』(ライカはみていた)
テーマ  自由部門
作品名  『敵襲!!』
ハンドル リック・オーシェ
実写部門

私はハンス・ミューラー、写真学校の学生だった。強制的に従軍カメラマンに徴収されて
辺境のちっぽけな橋の守備隊に居た。

その日も朝から好天でのどかな朝だったのだが

突然どこからともなく2機のスピットが山陰から現れ
誰かが『空襲だ!』と叫んだ。
怖いという気持ちも感じず夢中でライカのシャーターを押し続けた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

説明

春に作った地面があったのでこいつを使わなきゃもったいないと
土台に使う構想だけ決めて、上物の製作に取り掛かったのはいいのだけれどいざ撮影の段
階に来てファインダーを覗くと作った模型が枠の中に入りきらないじゃん!(スピットファ
イア2機)

光源も自然光が使いたかったので窓際の子供のベッドの上にセッティングして爆竹(外、
風が強かったので)を室内で点火!

さらに瞬間をシャッターで捉えられないのでビデオ回して
撮った画像をテレビに映して撮りました。

FALLERの鉄橋
ハセガワ 1/72 88mmGUN FLAK18
Preiser1/72 ドイツ兵
フジミ キューベル&サイドカー
タミヤ1/35兵士改
ニチモ 1/35パンサー
タミヤ ドイツドラム缶セット