来迎の誓
■もはや敗戦が決定的となりつつあった45年冬、343空司令源田実は旧態化した
『紫電改』に換え、時速700kmを超える最新鋭迎撃機『震電』の実戦配備を決めた。
そして菅野、鷲淵、林らを失った今、323空の指揮官として白羽の矢がたったのは
3回の未帰還を経て甦った不死身の男、照須田中尉だったのだ。
明くる46年元旦早々、中尉は敵機撃滅を誓い、御来光を背に激しい訓練を開始する
のであった。

・・・・てな訳で皆様、少々早いですが本年も宜しくお願い致します。m(_ _)m
夏の水オフで奮戦した下駄履き『震電』でしたが、撮影中にフロートの付け根がポッ
キリと折れてしまい「プロペラ艇列伝」から自由部門にテーマ変えしました。(ToT)
『震電』は実に美しい機体です。タミヤ様、1/32で出してください!

  ・テーマ/自由部門
  ・作品名/来迎の誓
  ・製作者ハンドル名/照須田中尉
  ・CG合成部門