守れ!茨城の海
砲手  「班長、いやな天気ですね。怪獣でも出てきそうだ。」
戦車長 「だから、ゴジラが上陸するって、俺たちが出張ってるんだろがっ。」
通信手 「作戦本部から入電、『目標の現在地は波崎沖50km、進路変わらず北上
中。
    以上』だそうです。」
戦車長 「東海の原研ストライクコースか、やっぱりこのオキシジェンデストロイ
ヤー弾
    の出番か。」
砲手  「しかし、オキシジェンデストロイヤーは芹沢博士が使用したのが最初で最
後
    だったのではなかったですか?」
戦車長 「芹沢博士が万一を慮って極秘に製作されていたのだ。」
砲手  「なるほど、だからM41の砲でしか発射できないんですね。でも、班長、
上陸
    するまで発砲できないのは何故なんですか!?」
戦車長 「海中で発動したらどうなる?茨城の海は数十年以上死に絶えるんだぞ、昨
日
    の晩に喰っ刺身のヒラメや吸い物のハマグリも壊滅するんだ。」
砲手  「しかし、海中の方が発動が確実では…?」
戦車長 「お前、夕飯に特配で出たデザート、うまかったろう?」
砲手  「はい、あんなに美味しい果物は初めてでした!!!」
戦車長 「あれが茨城特産のキロニュウさ。県民もめったに食べられない極上物
だ。」
砲手  「あ、あれが噂のキロニュウだったんですか!!!」
戦車長 「あのキロニュウを育てているのが茨城の海の潮風だってこと知っていたか
?」
砲手  「……。解りました!上陸したところに乾坤一擲の一撃を加えます。」
戦車長 「よし!また喰おうな、キロニュウ!!」
一同   「了解しましたっ!」

********************************
ハンドル名  出戻り三十郎
作品名    守れ!茨城の海!
昨年の戦車オフ会出品作品 
実写部門
使用キット  タミヤ1/35 M41ウォーカーブルドッグ
********************************

オフ会に出したままです。塗装もデカールも加えていなくてすいません。
もっと天気が良かったら東海村の方まで見えたんですけど…。