虎一物語 その1
「で、できた!」

西暦2002年5月。
世の中から遅れることほぼ2年、
田宮模型歴史研究室ではついに総操縦虎一を完成させた。
いうまでもなく、聖地静岡での総閲覧会に参加する為である
もちろん素組みだが、一応それらしく塗装しようと試み
「なんちゃって蛭田仕様」などとたわけた事を言いながら
参加当日の朝になんとか完成させたのである
研究室助手は聖地において参加できたことに十分満足し
生まれて初めて身に着ける公式背番号に涙したのであった

時はあっという間に流れて、その半年後
X内箱神隊長の作戦にまんまとひっかかった助手は
再び総操縦虎一と供に聖地に赴くことになったのである
「春のままではいけない・・・」
思いつめた助手は、
一週間で終える大改装計画を立て、実行に移すことになる
某弟子六十氏になぜか絶賛された塗装車輌ではあったが
惜しげもなくあきらめ、大改装の為の旅に出る事となった

隠密裏に作戦は遂行したつもりだったが
お世話になったTSML会賀茂総長の実家に挨拶回りをしている時に
某TV会社のロケバスに発見され
決定的画像を撮影されてしまったのであった

**********************************************
CG合成部門
製作者    : 助手
使用キット  : タミヤ1/16タイガーT

某総長のご実家は酒屋ではありません。念のため