第4回 ツインスターパッチリコンテスト 実写部門  2001/9/15

[戻る] [WEB投票結果・全エントリー作品画像

 
 ★金賞・パッチリ大賞  照須田中尉 暑中見舞い〜ダバオ救出作戦〜
 
●残留している味方搭乗員及び要人を救出すべく、艇長照須田が駆る二式大艇は
 護衛機もなくだた一機、グラマンが跳梁するダバオの空へと向った。
 時に昭和二十年四月十四日のことである。
●エントリーテーマ1(実写部門/絵葉書風にまとめてみました)
 長谷川1/72「二式大艇」
 製作/照須田中尉
 デジカメ一発撮り(尾翼部分が不自然にカットされているのは、右手で機を持ち
 左手のカメラで撮影したためです)
 
 ★銀賞  タミヤの船ファン ベイブリッジを通過する「陸奥」
 
★☆南都下新聞ニュース
 民船映画の企画により、旧日本海軍の戦艦陸奥の模型が
実物の約4/5の大きさで作成され、新港埠頭(神奈川県
横浜市)にてこのほど関係者に公開された。この「船」は
1軸ながらガスタービンエンジンを搭載、高速航行が可能
(「世界の艦船」編集部)とされる。尚、最高速度は不明。
 住友重機追浜工場にて、およそ9ヶ月で完成した同船だ
が、申請していた相模湾での高速航行は他船航行の障害と
なるため映画撮影時以外は許可されず、代わりに当日だけ
認められた横浜港周辺での許可速力内での航行(13ノッ
ト)となった。
 当日は新港埠頭周辺や山下公園等にマニアが集まったが、
「あれは陸奥じゃなくて長門だ」「あの波では20ノット
は出ているはず」などの声が聞かれた。第三管区海上保安
本部では巡視船等4隻を出して監視に当たっており、速度
については「一切ノーコメント」としているが、狭い港湾
内での高速航行を容認したことで責任を問われることにな
りそうだ。

(写真は当社ヘリから、多美麩音男写す)


●タミヤの船ファン
●実写部門
●クラウン 1/800 陸奥
 
 ★銅賞  TAC 水物オフ“保険”コッソリ投稿『D-Day』
 
8月末の水物パッチリ、こりゃあ間に合わん!
…いや待てよ、間に合うかな?
サッパリだーっ!

よし、「滑り止め」に何か投稿しておこう。
しかもコソクにもパッチリではなく、コチラのほうにこっそり…。
しばらく誰も気づきませんように……。

―――― もう何年も前に会報用に撮った写真です。
確か「D-Day50周年に何か作ろうぜベイベ」フォトだったと思います。
「水物」ってコトで、許してください(^^;)
        
 
 ★銅賞  RC艦隊・かのー ゴジラ出現!バラクーダ号危うし!
 
あ〜れ〜!
石神井池をのんびりと航行するバラクーダ号に
突如ゴジラが襲いかかった!

でもこのあとゴジラは親切にも横転したバラクーダ号を
助けたのであった。

やはりゴジラは正義の見方だったのだ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者:RC艦隊、かのー(まあ、コラボレーションというやつです)

実写部門応募作品

どちらもフルスクラッチ

スケール的にも両者はだいたい合ってるはず(RC艦隊談)
        

[戻る] [WEB投票結果・全エントリー作品画像